繁華街の自爆テロ、死者125人に バグダッド

(CNN) イラクの首都バグダッドの繁華街で起きた爆発による死者は少なくとも125人、負傷者は147人に上ったことが分かった。過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」が犯行声明を出している。

バグダッド中心部のカラダ地区で2日夜、トラックを使った自爆テロが発生した。死者の中には子ども25人、女性20人が含まれている。イラクで起きた1回の攻撃による死者としては、この数年で最も多い人数となった。

この日はイスラム教のラマダン(断食月)最後の週末に当たり、断食明けの祝日に向けた準備などで多くの人が街に繰り出していた。トラックは喫茶店や小売店、スポーツジムなどが入った建物に突入した。

ISISは、ラマダン期間中にテロ攻撃を激化させると表明していた。バングラデシュの首都ダッカで1日夜に起きたレストラン襲撃事件でも犯行声明を出した。

現場で遺体の収容作業を見ていた学生(25)は複数の友人が亡くなったり行方不明になったりしていると嘆き、「政府と政治家はISISなどのテロ組織を非難するばかりだが、もうたくさんだ。解決策が必要だ」と語った。

アバディ首相はテロを卑劣な攻撃と非難し、3日間の服喪期間を発表。自ら現地へ出向いて被害状況を調べた。ソーシャルメディアに投稿された動画には、首相が市民から「どろぼう」「帰れ」という声を浴び、物を投げ付けられる場面が映っている。

首相は、市民の反応も理解できると話したうえで、遺族らを慰めるために現場を訪れたと強調。ISISについては、イラク側が中部ファルージャを奪還した喜びを「乗っ取ろうとしている」と非難した。

バグダッドでこれまで数年間に続発した自爆テロの実行犯は、1時間ほどの距離にあるファルージャからやって来るケースが多かった。イラク当局は先週のファルージャ奪還に際し、これでバグダッドのテロも収まるとの見通しを示していた。

米ホワイトハウスは「今後もイラク治安部隊による奪還作戦を支援し、ISISの掃討を続行する決意を新たにした」との声明を出した。

国連児童基金(ユニセフ)は声明で「イラクでの暴力が悪化するなか、最も大きな犠牲を払っているのは子どもたちだ」と指摘した。

アバディ首相は今回の攻撃を受けて、各地の検問所に設置された爆弾探知機の回収を命じ、探知機購入をめぐる不正疑惑を改めて捜査するよう指示を出した。同国では2010年、当局が購入した爆弾探知機の一部が偽物だったことが判明して問題となった経緯がある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする