結婚にはお金がどれくらい必要か

結婚にはお金がどれくらい必要か

結婚式費用の平均は約340万円!その多くはご祝儀でまかなえる

結婚にかかるお金と聞くとまず思い浮かべるのが結婚式のこと。

挙式、披露宴・披露パーティーの総額は平均約340万円。

場所ゲストの人数挙式内容などによって金額は前後しますが、300万円程度を目安にしておくと良いでしょう。

結婚式の費用は夫婦で折半か人数割で負担するケースが主なようです。

実際は結婚式の費用はご祝儀で回収できるので実質それほど費用はかかりません。

つまり、ご祝儀でまかなえなかったぶんだけの負担ということになります。

会計は披露宴後なのでご祝儀で費用を支払う人も多いですがクレジットカードで払えばスムーズかつポイントも一気に溜まってお得です。

その際は利用枠を一時的に大きくしておくとよいでしょう。

結婚式は多額の出費入金があることを覚悟しておかなければならないことは事実ですが当然のことながら結婚式以外にも意外とお金がかかります。

楽天カード 審査のお話

金銭感覚のすり合わせは婚約中に行っておくこと

婚約から結婚までには両家の顔合わせ、結納・結納返し、神魂旅行、新居への契約・引っ越し、家具家電の購入費など結婚式の費用を除いても約330万円ほどの費用が必要になります。

ただしケッコン指輪の金額や神魂旅行のグレード親と同居するかなど本人たちの考え方や置かれた状況によってかかる金額は様々。

また結納なども地域によって風習やしきたりが異なるので金額や内容は両家でよく話し合って決めましょう。

両家の顔合わせなども実家が遠方だとその文交通費がかかったり式場見学の交通費は諸経費を発生します。

細々とした出品もちりも積もれば大きな出費となるので臨時出費も含めて一人200万円ほど婚約中に準備しておけると安心です。

また結婚式の費用をどっちが負担するのか結婚後の家計をどう管理するのかなど婚約中にお互いのお金に対する価値観をすり合わせておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする