日韓「慰安婦」合意 日韓外相が合意履行を確認 財団設立もテーマに 10億円拠出「

小型カメラなら人気のスパイカメラ専門店すいふら

 【ビエンチャン=田北真樹子】ラオスを訪問中の岸田文雄外相は25日午前、ビエンチャン市内で韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談した。慰安婦問題に関する昨年末の日韓合意の誠実な履行を確認した。尹氏からは、月内にも予定される元慰安婦支援を目的とする財団の設立を含む準備状況の説明があったという。

 両外相が日韓合意に含まれる日本からの10億円の拠出について言及したかは不明。ただ、外務省筋は「まだ調整することが残っている。拠出のタイミングは決まっていない」と述べた。

 岸田氏と尹氏との会談は昨年12月以来、11回目。両外相は核実験とミサイル発射を強行する北朝鮮についても意見交換し、日韓および日米韓の緊密な連携を確認した。また、中国が軍事拠点化を強行する南シナ海問題については、紛争の平和的解決について引き続き日韓両国で連携する立場を確認した。

 岸田氏はこの日、2国間会談としてブルネイのリム・ジョクセン第2外相、フィリピンのヤサイ外相、タイのドーン外相とそれぞれ会談する。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする